更新日:2014/07/31

サラ金とはどういった借り入れか

今はあまり使われなくなった言葉でサラ金という言葉があります。これはサラリーマン金融の略で、いわゆる消費者金融を差す言葉でした。以前 は利息がかなり高額であったり、厳しい取立てが問題になったこともあり、あまり良いイメージがなかったものですが、今はかつてのようなグレーゾ ーン金利もないので、より安心して使えるようになりましたし、サービス内容もかなり改善されています。最近ではサラ金といった言葉はほとんど使 われなくなり、キャッシング、カードローンなどの名前で知られるようになっています。そしてキャッシングやカードローンを提供している業者も大 手の誰もが知る有名な業者から名前はそれほど有名でなくても良質なサービスを提供している業者まで幅広く存在します。

かつてより 安心して利用できるようになったサラ金ですが、やはり銀行の買い入れと比べると利息はやはり高いので、計画性を持って使うことが大切です。キャ ッシングはメリットも多く存在し、まず来店せずとも無人契約機や自宅のインターネットからも申し込むことができますし、審査や融資もとてもスピー ディーに対応してくれます。そして正社員の方でなくてもパートやアルバイトの方も安定した収入があれば利用できることが多くなっています。そし て業者によっては無利息期間が用意されており、この期間内に返済ができれば余計な利息を払う必要もありません。提携する銀行ATMやコンビ二ATMな ど利用できるところも多く、夜中や休日の利用にもとても便利なものとなっています。

 




サラ金を利用する際の注意

 

サラ金、という言葉を聞くとあまり良い印象を思う浮かべる方は少ないかもしれません。ですが消費者金融といいかえるとそうでもないはずです。同じ事なのですが、言い方次第で意外とその印象は変わってきます。そのサラ金なのですが、利用する人次第でとても便利なものとなったり、あるいは失敗の素となってしまったりするものです。ひとつの注意点として、ただ一口にサラ金といっても誰もが名前を耳にしたことのあるような大手の消費者金融業者もあれば、誰も名前を聞いたこともないような小さな業者もあります。ちゃんとした認可を受けている業者であれば基本的にはそれほど心配はないのですが、広告等では認可番号をでっちあげて記述しているところもあったりしますので注意が必要です。


そのような業者というのは、いわゆる街金と呼ばれる類のものである可能性が高く、無許可での営業を行なっていますので、利息も法定利息を遥かに超えた設定となっておりたとえ10万円程度の少額の融資であっても、ひと度借りてしまえばそうそう返しきれるものではないような状況に陥ってしまいます。このような業者に飛び込んでしまわないようにするには、やはりテレビ等でもよく宣伝しているような大手の業者を利用するのが一番無難です。また近年はインターネットの普及により、この手の悪質業者の情報は非常によく出回っていますので、気になる場合はインターネット等を利用して調べてみると失敗が少なくなります。消費者金融は使い方さえ間違え無ければ非常に便利なものですので、上手に使うよう心がけたいものです。

 

 

サラ金・消費者金融おすすめガイド:業者選びの3つのポイント